スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< ●マルクス・ブラザーズ――天空を駆け抜ける稀代のボードビリアン! | main | ◎ファラ・フォーセット&ステファニー・パワーズ&リンゼイ・ワグナーTVM女優etc. >>

◆シャーリーズ・セロン――しなやかな肢体に隠された翳ある<野性>

シャーリーズ・セロン「アクターズ・スタジオ・インタビュー」左はNHKBS2の名番組、アクターズ・スタジオ・インタビューの、シャーリーズ・セロン自らの、父親が母親に射殺(シャーリーズが暴行を受けた時の正当防衛として)された時の状況を語るシーン。
シャーリーズ・セロン、南アフリカ産。仏独混血。
初めて彼女を<発見>したのは「ディアボロス/悪魔の扉」('97)です。映画についてはリンクをご覧いただくとして、このシャーリーズ、その美貌にも魅かれましたが、映画において明るいシャーリーズから哀しみのシャーリーズの顔へ、激変するように変わっていく、ひと口で二度おいしいシャーリーズが、この作品は観れるわけです。

シャーリーズ・セロン「アクターズ・スタジオ・インタビュー」2そうです。これは美しいだけの女優ではないぞ!と予感を持ったわけです。
その後、注視する如く彼女の旧作新作を見てきました。ご承知のようにアカデミー主演女優賞も「モンスター」(2003)で受賞しました。しかしシャーリーズのいない、一種仮面のシャーリーズ映画とも言えるわけですから、翳に隠れたシャーリーズはあれ1回だけでよろしいかと思います。そういう作品をしかし一度は選択したシャーリーズに、激しく、芯の強い彼女の内面を垣間見ることはできるわけですけれども。

スタンドアップ」(2005)はまだしもでした。そこにはやはり表情の良く動くわがシャーリーズがいましたから。汚れ役には違いないですが、「モンスター」ほど<別人>になる必要はもうないのです。受賞後の、また賞狙いというような外野の意見もありましたが、作品としても、そんな甘っちょろい評判を蹴飛ばすものでしたし、見逃した方にはかえってお気の毒と申し上げたい出来です。

シャーリーズ百面相5受賞後、いちばん期待して観たのがトリコロールに燃えて(2004)でした。映画の重要なパートとも言っていい、<トライアングル・ラブ>を素材としているのと、久しぶりの美貌をそのまま楽しめそうだったからですが、前者の要因はいささかハズレ、後者の要因は堪能しました。
しかし、いまさらながらシャーリーズ・セロン、百面相ですね。

シャーリーズ百面相4女優だから誰しもその様相は在るわけですが、シャーリーズの場合、それが作品ごとにより顕著に現われる気がいたします。
「ディアボロス/悪魔の扉」もそうですし、こうなるとかえって「マイティ・ジョー」('98)や「スウィート・ノーベンバー」(2001)など、それが素のままのシャーリーズのように見えてくるから不思議なものです。

シャーリーズ百面相今という同時代に活躍し、これからさらに変貌していく可能性の高い女優ですから、目が離せません。
相手役もこの身長ですから、普通に立っていては全身ショットは見栄えで負けてしまいます。ハリウッドに移入してきた久々の逸材という眼で観ています。
幅広くいろんな役柄を料理できる素材でもあります。まさしくお楽しみはこれからだ!というところです。

<シャーリーズ・セロン>Charlize Theron(1975.8.7〜)フィルモグラフィ
◆シャーリーズ・セロンDVD作品一覧を観て見る!◆
Copyright (C) 2007 Ryo Izaki,All rights reserved.
JUGEMテーマ:映画
| 映画女優 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 13:27 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://actor-actress.jugem.jp/trackback/35

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • ◆マリリン・モンロー――性の頂点まで昇りつめた<童女>
    外 (01/05)
  • ◆デボラ・カー――翳にさえロマンスの香気溢れる典雅な<気品>
    ちいず (09/06)
Recent trackback
CONTENT
人気ホームページランキングへ
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ




CONTENT
人気ホームページランキングへ
STAR INDEX(アイウエオ順)●
◆アンジェリーナ・ジョリー
◆ヴィヴィアン・リー
◆エルケ・ソマー
◆エルケ・ソマー2
◆オードリー・へプバーン
◆オルネラ・ムーティ
◆オルネラ・ムーティ2
◆キム・ノヴァク
◆キャシー・ダウンズ
●クラーク・ゲーブル
◆グレイス・ケリー
◆グレタ・ガルボ
◆ジーン・セバーグ
◆ジーナ・ロロブリジダ
◆ジーナ・ロロブリジダ2
◆ジェーン・グリア
◆ジェーン・シーモア
●ジェームズ・キャグニー
◆ジェニファー・ジェイソン・リー
●ジェラール・フィリップ
●ジェラール・フィリップ2
◆シャーリーズ・セロン
◆ジャクリーン・スミス
●ジャック・ニコルソン
◆ジョディ・フォスター
◆スザンヌ・プレシェット
◆ステファニー・パワーズ
◆ダイアン・レイン
◆ティナ・ルイーズ
◆デボラ・カー
◆ナタリー・ポートマン
◆バーバラ・パーキンス
●バート・ランカスター
◆フェイ・ダナウェイ
◆ファラ・フォーセット
●ヘンリー・フォンダ
●ポール・ニューマン
◆マリリン・モンロー
●マルクス・ブラザーズ
◆マレーネ・ディートリッヒ
◆吉永小百合
◆リュドミラ・サベリーエワ
◆リンゼイ・ワグナー
◆レスリー・アン・ダウン
◆ロザンナ・スキャフィーノ
◆ロミー・シュナイダー


名画は新旧問わずクラシック!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM