スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< ◎オリジナル・ポスター・ギャラリーに添えて…… | main | ◆アンジェリーナ・ジョリー――なにものにも縛られない逸脱の<感性> >>

◎エルケ・ソマー&ロザンナ・スキャフィーノ、これぞダイナマイト・ボディ!

JUGEMテーマ:映画

エルケ・ソマー3ダイナマイト・ボディとは、爆発するボディですから、このエルケ・ソマー2度めの爆発でも少ないくらい、今回は暴発も承知の超弩級ダイナマイト・ボディの再登場です。

このボディを知らない、知る機会のないことはまさに現代の不幸のひとつです。
このボディがまさに巷で覗けるとならば、現代の病弊=引きこもりなど、雲散霧消する筈です。
かくいう筆者も成人映画指定のため「甘い暴力」('61)「欲望の海」('63)を見逃し、生涯を悔やんだものであります。

その証拠にエルケ・ソマーとはメイドからハリウッド・スターの道をまたたくまに駆け登ったダイナマイト・ボディなのですね。その間、19歳〜23歳、誰でもできるワザではありません。
少々の魅力ならメイド時代、主人の慰みとなって終わる程度のもの、モノが違うわけです。

なにしろ世界がエルケ・ソマーを注視し、放っては置かないその時代だったのですね。

エルケ・ソマーその成人映画でない通常映画を観てさえ、唸ったこの魅力! ボディだけではないコケットリー、結構、粋なといっていいくらい、爽やかさも携えた品の良さ、これで2度びっくりではあるでしょうな。

大柄であるはずなのに可愛い、このアンビバレンツも、さらなる魅力。
バンボーレ」('65)というオムニバス作品があるんですが、これがどういう作品かというと、当時のイタリアを代表する美貌、ヴィルナ・リージ、モニカ・ヴィッティ、ジーナ・ロロブリジダにそれぞれ対抗させた美の競演だったわけです。
イタリア3美女にこのドイツ・ベルリン出身の新進女優を競わせたというところです。

題材はイタリア得意の艶笑艶冶な恋愛劇なのですが、イタリア出身の3美女と艶美を競ったというところに、彼女の魅惑に対する当時の世界の評価をいまさらに感じる次第です。いま観ることのできる彼女の英姿は少ないのですが、ポール・ニューマンと共演の「逆転」('63)くらいがお奨めではあるでしょうか。

<エルケ・ソマー>Elke Sommer(1940.11.5〜)フィルモグラフィ
◎いま観ることのできるエルケ・ソマー出演作品◎


ロザンナ・スキャフィーノ前回はエルケ・ソマーに配するにティナ・ルィーズでしたが、ダイナマイト・ボディとしてティナも遜色はないのですが、それらしき作品に欠けます。
そうです。ロザンナ・スキャフィ−ノ。彼女なら申し分なし。生きているヴィーナスです。

その本領を観るためには2本の作品が絶対不可欠、「挑戦」('58)と「堕落」('63)を観なくてはならないでしょう。
「挑戦」はヴィスコンティの流れを汲みながら、骨太な社会派ドラマを造り続けたフラチェスコ・ロージの初期名作。「堕落」もまたマウロ・ボロニーニの代表作といっていい、筆者が青春映画のベストテンを選ぶならはずせない名品です。

そこでロザンナは、ただその見事な姿態をよこたわせるだけで、女の肉体が思想である!ことを表現して見せたのです。
「挑戦」では、社会改革のバネとして、その姿態は象徴的にも見えたものですし、「堕落」では、一切の青春の壁さえも無に帰してしまう、これぞダイナマイト・ボディの魅惑というものを、その横たわる肉体だけで表現して魅せたのです。

ロザンナ・スキャフィーノ「挑戦」いかほど鮮烈であったか、見ればワカる、というものですが、残念ながら、いまDVDはありません。上の写真も、ややそのもぎ取り峻烈のその時期から離れているようで、存分に、それは伝えられないでしょう。機会をハズさず観ていただくしかない所以です。この「挑戦」のオリジナルポスターが鮮烈にして峻烈な、その片鱗だけでも伝えていることを祈るのみです。

「堕落」はのちに、プロデューサーとして大成していったジャック・ぺランの、青春スター時代の代表作のひとつでもありますが、出版社の社長である父親から愛人であるロザンナ・スキャフィーノを紹介される、ドラマの核ともなるシーンがあります。
ビキニ姿の彼女を「生きているヴィーナスだろ」と窓越しに垣間見せるアウトサイドには光輝くロザンナの肉体がありました。

女の肉体は思想である!と、その刹那、青年ともども筆者は感じたわけです。その意味でも、しゃべり過ぎる女はアンチテーゼにすぎません。肉体だけで充分雄弁に語りかける女こそ、ダイナマイトボディの謂いなのですから。

いかなるダイナマイトボディも作品との出会いなしに成立しません。この2作はまさに時期を逸さずロザンナ・スキャフィーノを輝かせ切った、僥倖と呼ぶべき幸せな奇跡(軌跡)なのです。

<ロザンナ・スキャフィーノ>Rosanna Schiaffino(1938.11.25〜)フィルモグラフィ
人気ホームページランキングへ
| 間奏曲 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 14:04 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://actor-actress.jugem.jp/trackback/42

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • ◆マリリン・モンロー――性の頂点まで昇りつめた<童女>
    外 (01/05)
  • ◆デボラ・カー――翳にさえロマンスの香気溢れる典雅な<気品>
    ちいず (09/06)
Recent trackback
CONTENT
人気ホームページランキングへ
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ




CONTENT
人気ホームページランキングへ
STAR INDEX(アイウエオ順)●
◆アンジェリーナ・ジョリー
◆ヴィヴィアン・リー
◆エルケ・ソマー
◆エルケ・ソマー2
◆オードリー・へプバーン
◆オルネラ・ムーティ
◆オルネラ・ムーティ2
◆キム・ノヴァク
◆キャシー・ダウンズ
●クラーク・ゲーブル
◆グレイス・ケリー
◆グレタ・ガルボ
◆ジーン・セバーグ
◆ジーナ・ロロブリジダ
◆ジーナ・ロロブリジダ2
◆ジェーン・グリア
◆ジェーン・シーモア
●ジェームズ・キャグニー
◆ジェニファー・ジェイソン・リー
●ジェラール・フィリップ
●ジェラール・フィリップ2
◆シャーリーズ・セロン
◆ジャクリーン・スミス
●ジャック・ニコルソン
◆ジョディ・フォスター
◆スザンヌ・プレシェット
◆ステファニー・パワーズ
◆ダイアン・レイン
◆ティナ・ルイーズ
◆デボラ・カー
◆ナタリー・ポートマン
◆バーバラ・パーキンス
●バート・ランカスター
◆フェイ・ダナウェイ
◆ファラ・フォーセット
●ヘンリー・フォンダ
●ポール・ニューマン
◆マリリン・モンロー
●マルクス・ブラザーズ
◆マレーネ・ディートリッヒ
◆吉永小百合
◆リュドミラ・サベリーエワ
◆リンゼイ・ワグナー
◆レスリー・アン・ダウン
◆ロザンナ・スキャフィーノ
◆ロミー・シュナイダー


名画は新旧問わずクラシック!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM