スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

◆吉永小百合――限りなく日本の故郷に近い<永遠>

吉永小百合残念なことに、吉永小百合の時代はもう終わったと、最近の映画作品を見てつくづく思う。
造り手に人材を得ない部分もあるが、より以上、もう時代が吉永小百合の身に沿うようなものではなくなった、ということである。もっと下世話に言えば、吉永小百合が担ってきた貧乏や孤独や哀切の想い、ひたむきさ、彼方を遠望するような理想の虹すらも滅んだ、ということである。

かつて吉永小百合は、少女が持ち得ていた<健気><ひたむき><汚れなさ>などの、多くの男が女に対して抱くア・プリオリな憧れの次元で、忘れ難い要素に満ち充ちていた。
吉永小百合は、ある世代には一種<神聖不可侵>の象徴でもあったが、ことのそれは日本が経済成長を遂げる前に過ごした青春を知る者に、彼女は貧苦の内の<星>であった。

当時彼女の出演いた映画の多くは、京浜工業地帯を舞台とする、定時制高校や工員・女工の青春を描いた作品であった。そこで吉永小百合は、恵まれない仲間を激励し、トラブルを収拾し、勇気と信頼の輪を広げるヒロインを、いつも健やかな微笑みと、彼方を遠望するようなまなざしで演じ続けた。

吉永小百合2一般的には初期の代表作として「キューポラのある街」('62)があるが、さらに「ガラスの中の少女」('60)、「泥だらけの純情」('63)なども忘れがたい印象を残す。
当時の吉永小百合は、まさに四囲が真っ暗闇にも見える挫折と苦衷にあるものにとって、一条の光源を灯す存在であり、筆者など「おふくろの味」というビートルズ<ヘイ・ジュード>を主題曲とするTVドラマなどもそうしたわが時代における道標だったような気がする。

多分、吉永小百合の芸域は広いものではない。
けれども逆境を寡黙に絶え、ひっそりと一途な想いを育て、絶望や諦観に流されない強さを持った、いわば日本の古典的女性を演じて随一、しかもそうした女性像はある意味で滅びつつある文化的伝統のひとつでもあったから、極めて希少な輝きを時代に照らしてきたわけである。

たとえば「動乱」('80)や「海峡」('82)で海辺にたたずむ吉永小百合から遠望されるものは、日本の山河、日本の大地、日本の故郷である。これが他の女優であったなら、作品の出来不出来、役柄の配置設定、共演者とのコンビネーションなどに大きく左右されてしまうに違いない。
だが、吉永小百合はここで、伝統的な<男気>の風合いを持つ高倉健と並ぶ利もあって、ここにはまったき日本の<永遠>さえ見えるのである。

細雪控えめであればあるほど美しさが匂い、寡黙であればあるほど熱情の強さが薫り、ひたむきであればあるほど<永遠>への道標が見える。そんな女優として、かつて吉永小百合は明らかに存在していた。

彼女は役柄を演じるタイプではない。役柄がむしろ彼女に寄り添う種類の女優である。もともと映画女優とはそうした大きなパーソナリティだったのである。今のところ日本映画最後の名品といってもいい「細雪」('83)の雪子は、その意味でも満腔の想いを身ひとつにしまいこんだ、見事な適役でもあった。

<吉永小百合>Sayuri Yosinaga(1945.3.13〜)フィルモグラフィ
◆いま観ることのできる吉永小百合出演作品◆

JUGEMテーマ:映画
| 映画女優 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

◆アンジェリーナ・ジョリー――なにものにも縛られない逸脱の<感性>

アンジェリーナ・ジョリー「PlayBoy」表紙
コレ、プレイボーイの表紙なんですが、アンジェリーナ・ジョリーの魅力横溢の写真で、この表紙のために購入したようなものです。

まさしく普通の女性でない、逸脱の魅力といいますか、彼女が現代に生きている価値すべてが、逸脱の効能に充ちているのです。
まず生い立ち、家庭環境からの逸脱もあれば、その血統からの逸脱も感じられます。
その最大は見かけからの逸脱でもありますが、それを少しもとらえていない作品では見栄えも出てきませんが、これを知る作品ではもはや輝くばかり、男を虜にしてしまうに違いありません。

そもそも筆者がアンジーに開眼したのは「ポワゾン」(2001)ですが、その猥雑な唇をアップで撮るその監督は出世作とも言われる「ジーア/悲劇のスーパーモデル」('98)を撮った同じマイケル・クリストファー、まことに彼女を見せる勘所を心得きった名品といわざるを得ません。

彼女の趣味嗜好行為、そのいずれをとっても、なまなかではありません。その刺青ひとつをとっても、それはひとつやふたつの或る意味、化粧と呼んで済む程度のものではとてもなく、その時の相手の男性の名を後に潰して上書きしている箇所もあるようです。

アンジェリーナ・ジョリー左腕には兄のイニシャルであるHと、テネシー・ウィリアムズのことばがあるようですし、首の後ろにはアラビア語で意志の力を現わすことばが彫られているようです。太ももには黒い十字架があり、お腹には十字架とラテン語で……は私を滅ぼす、背中に大きな虎という具合に、日本で言えばシロウトの女性にはあるまじきふるまい。

これはさらに若き頃の自傷行為とも密接に絡んだ結果なのかもしれませんが、ナイフの収集といったものもあって実にある種一貫した流れが彼女にはあります。
そしてさらに国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使としての活動、難民の子を次々と養子にしてしまう実践、まさしくこの全力で生きる本人の言は偽りとはほど遠いことを感じさせます。それは常識的な生き方からの逸脱でもあります。

Mr.&Mrs. スミス
そしていよいよ私生活的にもアンジーのエポックメイキングとなるブラッド・ピットとの出会いの映画「Mr.&Mrs.スミス」(2005)ということになります。
結婚をシニックに見据えたこの作品が、もう結婚慣れもしていそうな彼女のさらなる結婚のスタートとなったのは如何にもアンジーらしい、これも逸脱曲球ではありましょうか。

いまやブランジェリーナという、夫妻を示す造語まで世界を席捲、押しも押されもせぬ輝きですが、もとより美人らしい美人とは言えず、一種の崩れから生まれるような魅力は、この女優の一貫した生き方の写し絵のようにも見えます。
だからこそ彼女の映画は作品さえ超えて、そこに巧まざる生命力と、ほとばしる血の逆流とでもいった力感がほの見えているのです。アンジーが出ているなら退屈はない、というその存在は、いま作品を超えてスターという魅力のエキスを示すのです。

<アンジェリーナ・ジョリー>Angelina Jolie(1975.6.4〜)フィルモグラフィ
◆いま観ることのできるアンジェリーナ・ジョリー出演作品◆
Copyright (C) 2008 Ryo Izaki,All rights reserved.
人気ホームページランキングへ
JUGEMテーマ:映画
| 映画女優 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

◎エルケ・ソマー&ロザンナ・スキャフィーノ、これぞダイナマイト・ボディ!

JUGEMテーマ:映画

エルケ・ソマー3ダイナマイト・ボディとは、爆発するボディですから、このエルケ・ソマー2度めの爆発でも少ないくらい、今回は暴発も承知の超弩級ダイナマイト・ボディの再登場です。

このボディを知らない、知る機会のないことはまさに現代の不幸のひとつです。
このボディがまさに巷で覗けるとならば、現代の病弊=引きこもりなど、雲散霧消する筈です。
かくいう筆者も成人映画指定のため「甘い暴力」('61)「欲望の海」('63)を見逃し、生涯を悔やんだものであります。

その証拠にエルケ・ソマーとはメイドからハリウッド・スターの道をまたたくまに駆け登ったダイナマイト・ボディなのですね。その間、19歳〜23歳、誰でもできるワザではありません。
少々の魅力ならメイド時代、主人の慰みとなって終わる程度のもの、モノが違うわけです。

なにしろ世界がエルケ・ソマーを注視し、放っては置かないその時代だったのですね。

エルケ・ソマーその成人映画でない通常映画を観てさえ、唸ったこの魅力! ボディだけではないコケットリー、結構、粋なといっていいくらい、爽やかさも携えた品の良さ、これで2度びっくりではあるでしょうな。

大柄であるはずなのに可愛い、このアンビバレンツも、さらなる魅力。
バンボーレ」('65)というオムニバス作品があるんですが、これがどういう作品かというと、当時のイタリアを代表する美貌、ヴィルナ・リージ、モニカ・ヴィッティ、ジーナ・ロロブリジダにそれぞれ対抗させた美の競演だったわけです。
イタリア3美女にこのドイツ・ベルリン出身の新進女優を競わせたというところです。

題材はイタリア得意の艶笑艶冶な恋愛劇なのですが、イタリア出身の3美女と艶美を競ったというところに、彼女の魅惑に対する当時の世界の評価をいまさらに感じる次第です。いま観ることのできる彼女の英姿は少ないのですが、ポール・ニューマンと共演の「逆転」('63)くらいがお奨めではあるでしょうか。

<エルケ・ソマー>Elke Sommer(1940.11.5〜)フィルモグラフィ
◎いま観ることのできるエルケ・ソマー出演作品◎


ロザンナ・スキャフィーノ前回はエルケ・ソマーに配するにティナ・ルィーズでしたが、ダイナマイト・ボディとしてティナも遜色はないのですが、それらしき作品に欠けます。
そうです。ロザンナ・スキャフィ−ノ。彼女なら申し分なし。生きているヴィーナスです。

その本領を観るためには2本の作品が絶対不可欠、「挑戦」('58)と「堕落」('63)を観なくてはならないでしょう。
「挑戦」はヴィスコンティの流れを汲みながら、骨太な社会派ドラマを造り続けたフラチェスコ・ロージの初期名作。「堕落」もまたマウロ・ボロニーニの代表作といっていい、筆者が青春映画のベストテンを選ぶならはずせない名品です。

そこでロザンナは、ただその見事な姿態をよこたわせるだけで、女の肉体が思想である!ことを表現して見せたのです。
「挑戦」では、社会改革のバネとして、その姿態は象徴的にも見えたものですし、「堕落」では、一切の青春の壁さえも無に帰してしまう、これぞダイナマイト・ボディの魅惑というものを、その横たわる肉体だけで表現して魅せたのです。

ロザンナ・スキャフィーノ「挑戦」いかほど鮮烈であったか、見ればワカる、というものですが、残念ながら、いまDVDはありません。上の写真も、ややそのもぎ取り峻烈のその時期から離れているようで、存分に、それは伝えられないでしょう。機会をハズさず観ていただくしかない所以です。この「挑戦」のオリジナルポスターが鮮烈にして峻烈な、その片鱗だけでも伝えていることを祈るのみです。

「堕落」はのちに、プロデューサーとして大成していったジャック・ぺランの、青春スター時代の代表作のひとつでもありますが、出版社の社長である父親から愛人であるロザンナ・スキャフィーノを紹介される、ドラマの核ともなるシーンがあります。
ビキニ姿の彼女を「生きているヴィーナスだろ」と窓越しに垣間見せるアウトサイドには光輝くロザンナの肉体がありました。

女の肉体は思想である!と、その刹那、青年ともども筆者は感じたわけです。その意味でも、しゃべり過ぎる女はアンチテーゼにすぎません。肉体だけで充分雄弁に語りかける女こそ、ダイナマイトボディの謂いなのですから。

いかなるダイナマイトボディも作品との出会いなしに成立しません。この2作はまさに時期を逸さずロザンナ・スキャフィーノを輝かせ切った、僥倖と呼ぶべき幸せな奇跡(軌跡)なのです。

<ロザンナ・スキャフィーノ>Rosanna Schiaffino(1938.11.25〜)フィルモグラフィ
人気ホームページランキングへ
| 間奏曲 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

◎オリジナル・ポスター・ギャラリーに添えて……

時々はオリジナル・ポスター・ギャラリーを開催。
直木久容氏の似顔絵が秀逸な「大人は判ってくれない」など、主演のジャン・ピエール・レオがいたく気に入り、確かにオリジナルにも負けない出来栄えと思うけれども、きわめてまれなことで、オリジナル・ポスターには風合いというか、その空気感、時代の香気というべき輝きも備わって、捨て難いことが多い。

モロッコ若き20代のゲーリー・クーパーと、伝説と化したマレーネ・ディーリッヒによるいま見ても垢抜けたその振舞いのディートリッヒに押され気味の「モロッコ」('30)。
スター中のスターとなればそのゴシップすら作品に微妙なその公私混濁が投げかけられて、スターの光背をいやがうえにも輝かせ、高めて行く。

クーパーにはその質実温厚なキャラクターそのままに、さほど騒がれたロマンスも無いが、「摩天楼」('49)当時のパトリシア・ニールとのそれは有名。
ディートリッヒはフォン・スタンバーグを皮切りに、ジャン・ギャバン、そしてアーネスト・ヘミングウェイがその相手としてノートリアス。生涯一度の結婚で、離婚なし、その合間のいわばスキャンダルもこうして颯爽、生きる切っ先が颯爽とした感じがするね。

それにロマンスというのは、男には何か気恥しく、あくまで女のものであるという感じはこのふたりがちょうど巧く代表して、男女のありようも示している気がする。


スミス都へ行くフランク・キャプラもあまりに遠くなりにけり。
というのも、古き良きアメリカを見たければキャプラ作品を観るしかないからだが、それ以上にコロンビア映画が現ソニー・ピクチュアズとなっているからで、アメリカの良心というべき部分を買収されたように感じたアメリカ人の気持ちはよーくワカる。

それが一番よーくワカる作品が「スミス都へ行く」('39)である。ジェイムズ・スチュアートもキャプラ映画が原点であることを押さえておかないと、ジョン・フォードの「リバティ・バランスを射った男」('62)の面白さも半減するだろう。

この史上の名作の前にクーパー+ジーン・アーサーで「オペラハット」('36)というキャプラ作品があるが、その原題はMR. DEEDS GOES TO TOWN。
「スミス…」がMR. SMITH GOES TO WASHINGTONであることからすると、キャプラ自家薬籠中の題材を更に磨き切った作品とも言えるだろう。ともに最後の演説が白眉、というのも、その類推を高めるわけである。



シェーン西部劇を知らぬ世代がほとんどになりつつあるこの時代に西部劇はどんな位置づけで見られようか、と思う。フロンティア・スピリットの原点でもあった西部劇、モニュメント・ヴァレーもジョン・ウェインも遥か彼方の時代の西部劇。白人の都合のいいように偏向したドラマ造りと言えなくは無くても、それでも西部劇はオトコノコを男の子とさせる作用をもたらしてはいたのだ。小松崎茂ともども。

シェーン」('53)の決闘シーンのカッティングを見て、こんなのTVでさんざん観た二番煎じと、平気で書く若き感想を眼にしたけれど、驚く前にあきれるばかり。「シェーン」製作時TVはまだ草創期、学んだのはTVで、「シェーン」ではない。

それよりもなによりも、西部劇の名作は意外にその美術、自然描写に秀逸なことが多いのである。ドンパチしか目に入らぬようでは感性のお粗末を露呈するだけ、自然はかくも濃く深いという、葬式のシーンにも目配りが欲しい。

初めて見たジーン・アーサーが最後の映画出演とは知らず、若きジーン・アーサーはのちのち追いかけたものだった。少し辿るだけで映画史も見えてこようかという存在。
未輸入の「希望の降る街」('42)は「シェーン」と同じジョージ・スチーブンス監督作品。DVDも存在。これまた、めくるめく快哉。「歴史は夜作られる」('37)もまた+シャルル・ボワイエで、その真価が観れる作品。観るべき哉。

JUGEMテーマ:映画
| 間奏曲 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

◎女優。この不可思議にして魅惑に充ちた魔物!

スザンヌ・プレシェットの死のショックで、沈んでいたわけではありません。
映画は変わりなく観て、また異なる女優さんにも岡惚れして、少しも変わらぬつつがなき日々ですが、映画ブログの難事はおいそれとその写真が集まらぬこと、手間暇がかかること、他種ブログの幾層倍、と言っていいでしょう。

ジェニファーでもその時間をかけても楽しいからいいのですが、天秤に掛けるとやはり違う映画を観ることの時間に割いてしまうジレンマがあるわけです。
最近遅まきながら発見したのが、映画も埋もれた名品と思いますが、主演したジェニファ・ジェイソン・リーがそのキャリアのせいでしょうか、注目しました。


映画は「黙秘」('95)で、まさしく生き難き人生が刻印され、その一翼を担ったのがジェニファ・ジェイソン・リーだった。興味を覚え、続いてその監督作まで観たが、その「アニバーサリーの夜に」(2001)は監督としては空振り、女優としてはそのルックスがやはりよろしき。

ロロブリジダ観る作品が少ないと余計観たくなるのが、過去の美人女優。
中でもやはりジーナ・ロロブリジダは別格。こうしてロロブリジダ・アンソロジーの一葉をとどめたくもなる。これは「9月になれば」より。

ハリウッドが放っておかなかった美貌の中でも、ダイナマイトだったね。
作品がどうこう言う前に、彼女の存在がもう既に代表作。
ボロを着ててもその美しき曲線に変わり無し、蓮っ葉だろうが、伝法だろうが、許してしまえるこんな美貌はそんじょそこらに歩いていないんだよね。


ファラ・フォーセットさらにはこのファラ・フォーセット、奥深き書庫より発見、最も彼女のパワーを帯びた一葉ではなかろうか。颯爽たるスポーツウーマンにして、セクシャル・ピンナップとしても健康そのもの。

役柄と言うほどの役柄も演じなかったけれど、それでもスター。映画スターというよりTVスターであったけれど、それで諸外国を席捲してしまったというのが凄いところ。
同じチャーリーズ・エンジェル・トリオでも、初代の方がずっと大人っぽいのは、これも時代の成熟度が違っていたからかもね。

健康というのは、いやらしくないこと。とでも言った溌剌ウーマンの先駆けやったんじゃなかろうか。もちろん、いやらしくてイイのもまた別の魅力、というのは置いておいて。
いやらしき魅力は、いずれまた。これも写真がねえ。

JUGEMテーマ:映画
| 間奏曲 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • ◆マリリン・モンロー――性の頂点まで昇りつめた<童女>
    外 (01/05)
  • ◆デボラ・カー――翳にさえロマンスの香気溢れる典雅な<気品>
    ちいず (09/06)
Recent trackback
CONTENT
人気ホームページランキングへ
メルマガ登録・解除
デジタル・シネマ・ダイアリー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ




CONTENT
人気ホームページランキングへ
STAR INDEX(アイウエオ順)●
◆アンジェリーナ・ジョリー
◆ヴィヴィアン・リー
◆エルケ・ソマー
◆エルケ・ソマー2
◆オードリー・へプバーン
◆オルネラ・ムーティ
◆オルネラ・ムーティ2
◆キム・ノヴァク
◆キャシー・ダウンズ
●クラーク・ゲーブル
◆グレイス・ケリー
◆グレタ・ガルボ
◆ジーン・セバーグ
◆ジーナ・ロロブリジダ
◆ジーナ・ロロブリジダ2
◆ジェーン・グリア
◆ジェーン・シーモア
●ジェームズ・キャグニー
◆ジェニファー・ジェイソン・リー
●ジェラール・フィリップ
●ジェラール・フィリップ2
◆シャーリーズ・セロン
◆ジャクリーン・スミス
●ジャック・ニコルソン
◆ジョディ・フォスター
◆スザンヌ・プレシェット
◆ステファニー・パワーズ
◆ダイアン・レイン
◆ティナ・ルイーズ
◆デボラ・カー
◆ナタリー・ポートマン
◆バーバラ・パーキンス
●バート・ランカスター
◆フェイ・ダナウェイ
◆ファラ・フォーセット
●ヘンリー・フォンダ
●ポール・ニューマン
◆マリリン・モンロー
●マルクス・ブラザーズ
◆マレーネ・ディートリッヒ
◆吉永小百合
◆リュドミラ・サベリーエワ
◆リンゼイ・ワグナー
◆レスリー・アン・ダウン
◆ロザンナ・スキャフィーノ
◆ロミー・シュナイダー


名画は新旧問わずクラシック!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM